オリジナルのパーカーやクラスTシャツを作ろう|オシャレを発信

スポーツのイベントで人気

好きなように作れる魅力

Tシャツ

学校や会社などの行事でスポーツ大会が開催されることが多くあります。そうした催し事で欠かせないものがユニフォームです。特に個人による競技ではなくチームメイトたちと参加する団体での競技では必要性も高くなります。チームメイト全員で同じユニフォームを着ることが求められますが、そのような機会で役立つのがオリジナルユニフォームの作成です。オリジナルユニフォームの魅力として、思い出に残ることが挙げられます。オリジナルユニフォームは自分たちでデザインから考え用意するものであり、それ故愛着を感じやすいです。自分たちで作ったオリジナルユニフォームで仲間たちと参加すればそれだけで楽しい思い出となります。デザインは複雑で凝ったものからすでに用意されている素材から選ぶ簡単なものまで幅が広く、自分で撮影した写真や人気キャラクターを使用することも可能です。オリジナルユニフォーム作りはデザインやプリントアウトまでパソコン操作で行うことができます。デザインのデータをパソコンで編集管理しそれをプリントアウトすることが気軽にできるため、パソコンの基本操作ができれば誰でも簡単に行えます。パソコンの操作が苦手な場合は、業者に依頼することも可能です。デザインが完成していれば、それを渡すだけで業者が代行して人数分のオリジナルユニフォームを用意してくれます。また、デザインのことで悩みがある場合はデザイナーに相談することで適切なアドバイスを受けることができ、デザインの幅が広がります。

業者に頼むメリットと方法

Tシャツ

体育祭や文化祭などでクラスTシャツを作成する時は、業者に依頼するとスムーズです。自分たちでTシャツを用意してペンなどで装飾するより格段に安く、クオリティも高いものが完成します。また、業者に注文するとデザインが思いつかない時はデザインをサンプルから選ぶこともできます。下書きのデザイン案を送ると清書してくれるサービスなどもあります。クラスTシャツの背中にクラス全員の名前を入れることができたり、背番号のついたユニフォーム風のTシャツにしたりとデザインの幅が広がります。クラスTシャツを業者に頼む前に、まずは複数の業者のパンフレットを取り寄せることが重要です。業者によって値段やサービスはもちろん、色・デザインの多様さや印刷方法など細かいところまで違いがあります。自分たちのクラスTシャツをどのようなものにしたいかよく考えてから、パンフレットを見比べて最適な業者を探しましょう。業者の候補がいくつか挙がったら、無料の見積もりを利用しておおまかな金額を算出します。次に値段と配送日などから業者を決め、デザインを送ってオーダーします。書体や生地の種類・文字の字体などを業者と話し合って決定したら、サイズごとの注文数を伝えてオーダー完了です。Tシャツのサイズを確認するためのサンプル貸し出しサービスを行っている業者も多いので、利用してクラス全員のサイズを決めましょう。この時、サイズを間違えない様にきちんと確認しておくことが大切です。

業者を選ぶ際のポイント

インク

市販品のパーカーでは満足できない人にオススメなのが、専門業者にオーダーしてパーカーを作成する方法です。自分だけのオリジナルアイテムとして、また、仲間内やクラス、クラブやサークル、地域活動等の集まりで作ろうとなった際、どの業者に依頼すればいいか悩むこともあると思います。しかし、きちんと選び方について把握しておくことで、スムーズに依頼することができます。まず、何枚必要なのか明確にしてください。専門業者にパーカーをオーダーする際、枚数が多ければ多いほど一枚当たりの価格が安くなります。なぜ注文枚数が多いほど安くなるのかと言うと、パーカーにデザインをプリントする時、大量注文に向いたプリント方法として、シルクスクリーンプリントというのがあります。この方法は版というものを作成して、その版を使い続けることで一枚当たりの価格を抑えています。また、版一枚に対して一色の色しか使用できないため、色数やプリント箇所が少ないほど値段がお得になります。その辺も考えて依頼するのがポイントです。逆に、一枚だけや少数の注文に向いているプリント方法がインクジェットプリントです。大量注文に対して割高にはなりますが、色を何色追加しても値段は変わりません。フルカラーのデザイン等にオススメです。価格も大手衣料メーカーが販売するパーカーに、プラス2000〜3000円ぐらいからオーダーすることが可能です。自分が依頼しやすいと思える業者を見つけて、オーダーしてみるとよいでしょう。